2006年08月02日

亀田興毅世界チャンピオン

世界チャンピオン 亀田3兄弟 だんご3兄弟 亀田三兄弟 ダンゴ三兄弟
ストレート フック アッパー ヘッドスリップ ウェービング
カウンター クロスアームブロック ピーカーブー KO TKO

キャ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!

キタ━━━━(Д゚(○=(゚∀゚)=○)Д゚)━━━━━!!

正直負けたかと思ったよ
正直 親父さんの為にも勝たせてやりたかった
素人コーチ云々とか、言ってた雑誌・マスコミは記事を書くな!!
貴様等は、亀田の記事で金稼ぐんぢゃね〜よ!!
八百長・かませ犬って言ったら 鬼塚だろぅが!!
自信付けさせる為に、各下の選手とやらせんのは
何も亀田に始まった事ではないし、無名ボクサーだってやってんだろ!!
たぶん弱かったら東洋太平洋捕れてなかったよ
ボクサー生命なんて短ぇんだ
チャンピオンになれれば、汚い事する人間なんてゴロゴロしてんだろぅがぁ!!
亀田のボクサーとしての能力が低いとは、思ってねぇんだろうけどさ
強さの証明をしろって事なんだろうけどさ
だったら興業主催しろよ。金出せよ。
オマイ等 人様 批評して飯喰ってんだから、間違ってた際は土下座しろ。そんで紙面に掲載しろ
俺は亀田の勝利と同様に、目のないライターや批評家の土下座が見たい

俺がココまで言うのも 弟の大毅と違い 興毅が
本当はパフォーマンスやTVが嫌いなのを知ってるからだ
マッチメイクする大金やコネがないから、興行してくれるジムに席を置き、
自分の思い通りに事を進めるのが難しいのを知ってるのだ
この世界 ある程度 金とコネと権力で支配されてる部分があるんだ
本来は 亀田ジムとしてマッチメイクし、好き勝手にやりたかっただろう
ある種 協栄ボクシングジム の問題なんだと思うんだ
不敗伝説・不敗神話・最年少チャンピオン とか考えてんだと思うよ
興毅と父は、純粋で真剣にプロボクシング愛してるよ
努力もしてるよ
その姿勢が好きなんだ

しかし戦い方の課題は見えてきたな
ボディが中盤から効いていたのは、明らかだった
ボディ攻めで下のガードになった所を、上を攻めた攻撃が良かった筈だ
要は突破口が見つかった訳だ
しかし、そのコンビネーションは終盤のラウンドでは見れなかった
しつこく弱点を突くのが常套手段だ
ダメージは回復されちまうんだ
逃げボクシングされたら、捕まえきれない
今日の亀田のボクシングは、相手に打たせてリズムを掴み
カウンターを狙っている感じがした
打たれ強い相手には、カウンターで一気にダメージを奪う
ヘッドスリップからのカウンターには自信があったんだろう
「今のタイミングやばいやろ?」って事前のTVで見た気がする
技術が高過ぎた為の、陥り易い盲点だ
目が良いのもあるんだろう

しかしボディが効果的と判った瞬間
パンチを打つ土台であり、スタミナの源であるを潰すのは
以後のラウンドのダメージを軽減し、逃げボクシングをさせ辛くする
限られた時間の中、効果的に攻撃力を削ぐの合理的なのだ
しかし頭部でのKOに固執した感じだった
能力が高いから、イロイロな倒し方出来ちゃうからかねぇ
よく対戦ゲームで、必殺技でKOするのに拘り過ぎて負ける様な事あるね

ボディーでのKOは、頭部のKOに比べ試合後地獄の苦しみを伴うそうだ
今回の相手の挑発には、ボディでのKOで試合後 血反吐を吐いて
二度とあんな口叩かせたくなかったよ
まぁ あのぐらいでも ある程度 地獄を味わうと思うよ

今日は判定はホームタウンデシジョンが、働いてたとは思うけどね 
(*'-')(*,_,)ウン 試合内容は良くなかった 負けでもおかしくなかったよ
負けてても、今回の事を修正していずれチャンピオンにはなったと思うよ
要は作られた不敗伝説って事なんぢゃね〜のかな?
鬼塚はそうだったよ
でも、亀田父は得るものがある負け試合には、納得すると思うな
今回は運が良かった
負けたら後退しちゃうからね
今後のマッチメイクも主導権を握れるだろう (*'-')(*,_,)ウン
posted by ゼビ at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | メロメロパーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。